正式に着物の買取を依頼する前に注意したいこと

着物の買取専門店に依頼すれば安心

売りたい着物を処分するため正式に着物買取を依頼する際に、気を付けたいポイントがあります。中古着物に関しては、できれば着物買取の専門業者に買取依頼を行った方が高値で売れる可能性が高いです。
古くなった着物は、リサイクルショップや一般の古着店でも売ることはできます。しかし着物の買取専門店でないと、買取スタッフが詳しい着物に関する知識を持っていない場合が多く、本当の価値を鑑定してもらえるかどうかは不透明です。着物買取専門の業者であれば本当の着物の価値を評価してもらえるため、安く着物を売ってしまって損をする事態が避けられます。さらに買取専門店の中でも、誠実に鑑定評価を行ってくれる業者を厳選する心掛けも必要です。

着物を売る前に傷や汚れの有無を確認

着物の買取を買取店に依頼する前に、売る予定の古い着物を細部までチェックする準備が必要です。もし着物に傷がついていると、買取評価は下がってしまいます。多少の汚れであれば着物のクリーニングで汚れを落とし、評価額がアップする可能性は高いです。
加えて事前に着物の傷や汚れの確認を済ませると、鑑定時のトラブルを未然に防ぐ効果があります。着物買取店で鑑定を行うプロのスタッフは鑑定作業に熟練し慎重に着物を扱うことから、鑑定時にうっかり着物に傷をつけるとは考えにくいです。それでも人間が行う事に絶対はなく、トラブルが起こる可能性は否定できません。あらかじめ傷や汚れの有無を正確に確かめておけば、鑑定時の不要なトラブルは避けられます。